たんぱく質と組み合わせて美肌に

美肌のために最も重要な栄養素は、良質なタンパク質です。
しみやシワを改善する上でも、コラーゲンに代表されるタンパク質は欠かせません。
エラスチンと共に、私たちの身体のタンパク質の30%が皮膚、爪、髪の毛などを状態を維持するのに使われています。

しかし、加齢と共に、紫外線などによる活性酸素の影響が蓄積され、これらのタンパク質も減り、女性ホルモンの減少により、肌の代謝も衰えてきます。
コラーゲンは、動物の骨や皮、牛筋、鶏手羽、かれい、えびなどに多くふくまれています。
ビタミンCはコラーゲンの体内での生成に欠かせません。
紫外線のダメージを回復する効果もあるので、ぜひ一緒に摂取しましょう。

また大豆にふくまれる植物性タンパク質も、美肌に有効です。
大豆にふくまれるタンパク質だけでなく、イソフラボンも、これらの肌ダメージを回復する成分として、近年注目を集めています。
女性ホルモン様に働く効果や、活性酸素を除去し免疫力を高める、抗酸化作用などが有名な作用です。

イソフラボンは大豆の芽の部分から取れるポリフェノールの一種です。
イソフラボンはその分子構造からとても女性ホルモンである、エストロゲンに似ています。
エストロゲンは、女性らしい体型を維持したり、肌の代謝を促したり、コレステロールの調整などをするほか、コラーゲンエラスチンの生成を促す働きがあります。
しかし45~55歳くらいになると、更年期とよばれ、次第に卵巣の機能が低下し、生理がこなくなってきます。
日本人の平均閉経年齢は50歳といわれています。

最終的に閉経を迎えると、エストロゲンが卵巣からは産出されなくなります。
女性ホルモンが不足すると、数々の更年期障害とよばれる症状がでてきます。
エストロゲンの減少により、様々な影響がありますが、そのひとつ、肌の新陳代謝も悪化します。
大豆イソフラボンは、エストロゲンにかわり、エストロゲン受容体と結合し、補完的に働くことが知られています。
植物由来の「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。
閉経を迎えた女性は、とくに、美しくハリのある肌のためには良質のタンパク質、ビタミンC、そしてイソフラボンを一緒に摂取して、肌の衰えを補うことができると考えられます。